2012年08月02日

ビックデータ×O2O

今、ビックデータを使ったO2O関連のマネタイズモデルを検討している。

ビックデータって言葉自体がバズワード化してしまっているけど、やはりデータには宝が眠っていそうた。

私が考えているのはインターネット上にあるビックデータとリアのビックデータを掛け合わせて新たな価値を創出させること。

サーバーなどハードのコストが下がったことでビックデータを蓄積する環境ができてきている。

但し多くの企業が価値があることはわかっていながら解析、分析コストが高く活用法も確立されていない状況下で手付かずな状況にあるようだ。

今日はこの分野で先進的な取り組みをしている某企業の担当者とディスカッションさせてもらう機会があった。

彼らは、ここに投資することで多くの果実が得られることを理解している。

O2Oとビックデータは相性が良さそうだ。
posted by よっしー at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | O2O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。