2012年06月13日

問題の本質を考えるってこと

今日は社内のプレゼン大会に参加して、いろいろなプレゼンを見た。

資料作りやプレゼンの参考にしたいってのは多かったのですが本当に凄いプレゼンって、もう1段上なんですよね。

今日のプレゼン大会は、お題があってそのお題に対してのプレゼンだったのですが(社内のプレゼン大会だったので詳細は控えます)普通のプレゼンはお題を正面から捉えているとすると凄いプレゼンはお題を正面から1回見て、更に上から捉え直してました。

私が学んだのはプレゼンの目的の設定が如何に重要かってこと。

前に読んだ『イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 』を思い出しました。

この本では「イシュー」とは、「2つ以上の集団の間で決着のついていない問題」であり「根本に関わる、もしくは白黒がはっきりしていない問題」の両方の条件を満たすものと定義している。
「問題だ」と思っていることは、そのほとんどが、「いま、この局面でケリをつけるべき問題=イシュー」ではないと書いてある。
本当に価値のある仕事をしたいなら、本当に世の中に変化を興したいなら、この「イシュー」を見極めることが最初のステップになるとあるのだが今日のプレゼンを聞いて「イシュー」を見極めることが重要ってことが腹落ちした。

提案資料にしろ企画資料にしろ、ついつい資料の構成やデザインなどのディテールに気が行っちゃうけど根本を考えることに、もっと時間を費やさなきゃなって考えさせられた。


posted by よっしー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274939998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。