2012年05月29日

楽天のPinterest( ピンタレスト)やAHALife(アハライフ)への出資について

楽天が写真共有SNSサービスPinterest( ピンタレスト)やAHALife(アハライフ)に出資するなど出資戦略を強化している。

もともと楽天は社内公用語を英語にしたことなどが話題になったりしていたが、アメリカのEC事業社であるBuy.com(バイ・ドットコム)やフランスのPriceMinister(プライス・ミニスター)の買収など海外事業強化は楽天の基本戦略と言える。

しかし今回のPinterest( ピンタレスト)やAHALife(アハライフ)への出資は単なる海外展開戦略の一部だけではないと思う。

Pinterest( ピンタレスト)はSNSサービスとしてFacebook(フェイスブック)と比較されることが多いが利用してみた印象としては写真共有を軸に近い美的価値観を持った人が、つながる傾向がありファッションや雑貨などのEC事業との相性ではFacebookよりも高いのではないかと思う。
またAHALife(アハライフ)も著名人が選ぶ逸品を扱うキュレーションECとして成長しておりPinterest( ピンタレスト)やAHALife(アハライフ)への出資はソーシャルコマースと言われる次世代のECサービスへの投資と言う側面があると思う。

アメリカではFacebook(フェイスブック)の上場が話題になったが上場の直前にも写真共有サービスのInstagram(インスタグラム)の買収が話題になった。

Facebook(フェイスブック)のInstagram(インスタグラム)の買収以外にもGroupon(グル―ポン)やZynga(ジンガ)などIPOで資金を調達した企業の企業買収が積極的なようだ。
ちなみにFacebook(フェイスブック)、Groupon(グル―ポン)、Zynga(ジンガ)の3社が2012年1-3月に21社を買収したようだしGoogle(グーグル)は同じ期間に13社を買収したようだ。

そう考えると日本企業は空前の円高という武器を使って、もっと積極的な企業買収をしても良いのかもしれない。

図解アメリカのソーシャルメディア・ビジネスのしくみ [単行本(ソフトカバー)] / 有元 美津世 (著); あさ出版 (刊)
図解アメリカのソーシャルメディア・ビジネスのしくみ [単行本(ソフトカバー)] / 有元 美津...


posted by よっしー at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業(インターネット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272476522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。